シリコンゴムとは

安全性や安心などから医療関係や食品関係、工業関係などに
シリコンゴムは多く使われており、ケイ石と言う石から製造されます。
このケイ石を科学変化と蒸留することにより、ゴム系やオイル系、ガス系に生成され
分子構造から沢山の特徴を兼ね備えており、
その他の配合によって、新たな機能をプラスさせたり、特性を複合化することにより、
高い機能を持った素材へと変化することができる様々な可能性を持っている高性能素材として注目されています。

シリコンゴムは有機ゴムと比較をして耐寒性や耐熱性に優れており、
150度くらいの温度では特性に変化は無く、半永久的に使用することができます。

また耐侯性にも優れており、長い間、紫外線や風雨にさらされても物性の変化はほとんど無く、
その他にも耐油性など様々な高い機能を持っている素材で、様々な製品として活躍をしています。

またシリコンゴムの吸水量は1パーセント前後ですが
長い時間、浸水状態で放置すると加水分解と言う現象が発生しシロキサン結合が断裂してしまい
ぬるぬるしたり、白くなったり表面状態が変化するケースがあります。
また水に対しては強いのですが、アルカリや酸に対しては加水分解を受けやすい特長があります。

Copyright© 2014 ゴムって面白い! All Rights Reserved.